標準治療に加わる、先進がん治療

がんに対する標準治療とは

がんについての標準治療とは、従来から用いられている一般的に知れ渡った治療のことをいいます。代表的なものとして外科手術、化学療法、放射線治療が挙げられ、これらは総称して三大がん治療と呼ばれます。これらに共通することとしては、手術や薬剤、放射線など、体の外部からの働きによって治療を行うことです。少し言い換えると、がんに対して外部から治療していこうとする方法です。この方法によると、がん細胞だけではなく、正常な細胞まで傷付けてしまう可能性が高くなり、酷い副作用の原因になります。

がん治療の最新の医療技術とは

これからのがん先端治療のテーマとして、体の内部から治療していくということが挙げられます。具体的には、免疫療法というものが注目され始めています。人の体では、毎日のようにがん細胞が作られています。それでもなぜがんにならないかというと、体の中の免疫がそのがん細胞の増殖を抑える、或いはがん細胞自体を発生させにくくしてくれるからです。このがん細胞に働く免疫を増やしたり、強くしたりしてがんを治療、或いはがん予防にも活用され始めています。

これからのがん治療のこと

がん先端治療として免疫療法が広まって一般的になるには、もう少しだけ時間がかかりそうです。そのため、免疫療法の研究や臨床試験が行われていると同時に、三大がん治療を始めとする従来のがん治療なども、研究や臨床試験が進められています。たとえば最近では、外科手術の際に腹腔鏡が用いられることが多くなり、手術による患者の負担が軽減されてきたり、効果はそのままに出来るだけ副作用は低く抑えた薬が開発されるなどが挙げられます。がん治療は世界中のテーマであり、その技術はどんどん進歩してきています。がんという病気が恐ろしい病気では無くなる時代が到来するのも、そう遠くは無いでしょう。

陽子線はX線と異なり体内を通り抜けず病巣の裏側にある正常な臓器へ悪影響を及ぼさずに効果を発揮します。そのため副作用が少なく前立腺がんなどのがん先端治療として注目を浴びています。