人に一筋の光を与える仕事

占い師になるにはどうすればいいか

人の人生に起こりうる大きな悩みを、占術を使って解決へと導いてゆくのが占い師の仕事です。占い師になるのに特別な試験や資格などはありませんが、その歴史や種類などさまざまな知識を得るために勉強は必須です。同時に自分自身の技術を磨く必要がありますので、これまでは自分の尊敬する師のもとで修行するのが一般的でした。しかし、最近では占い師を目指す人のための専門のスクールなども開かれるようになり、それを受講する方法も人気が高まってきています。

話術やコミュニケーション力も必要

また、占い師には相談者の話を聞いたり、自ら話をするというスキルも必要になります。もちろん話術やコミュニケーション力は実践で培うこともできますが、早期に相談者の信頼を得るために事前に学ぶ人が増えています。書店で販売されている本を参考にする、短期のセミナーを利用する、大学で本格的に学ぶなどいろいろな方法がありますので、自分に合った方法を選択することが可能です。いずれにしても、これらの力は一朝一夕では手に入りませんので、常日頃から意識して生活することが大切です。

占い師の収入の実情とは

占い師の収入はその実績によるところが大きく、顧客数、稼働時間、平均単価などによりかなりの差があります。少なくとも開業してすぐに予約でいっぱいというのは非常に稀なケースで、最初は苦労することもあります。しかし、少しずつ自分の力が世間に広まり、その力を信じてくれる人が増えていけば、それに比例して収入も増えていきます。先生に救われた、先生のおかげですと感謝されればされるほど利益を生む、それもまた占い師の収入の特徴のひとつです。

占い師が当たるとの評判は友人の口コミだけではなく、口コミウェブサイトなどを利用するとより信ぴょう性がアップします。