選択肢が豊富な豊胸術

即効性こそがメリット

補正下着やサプリメントの服用、マッサージなどでバストサイズを大きくする方法もいいですが、どうしても時間がかかってしまいますから、途中で断念してしまうケースも少なくありません。しかし、美容整形ならすぐに自分のバストサイズを劇的に変化させることが可能です。手術をしたくない場合は、注射で済ませることもできますし、脂肪注入法も最近ではますますクオリティが高い方法が誕生しています。需要が高いからこそ、進歩のスピードが速いのでしょう。

豊胸バッグを使う方法

バストの中にシリコンジェルなどが入ったバッグを挿入する方法です。一回入れてしまえば形もボリュームもそのままの状態を維持できますし、胸が垂れてこないのも強みです。手術時間は一時間半程度で終わるので、それほど大掛かりなものではありません。よく言われている、横になると胸が流れないので整形がばれやすいという欠点も、スムースタイプのバッグを挿入すれば、自然に流れてくれますから、違和感を減少させることに成功しました。

体に負担が少ない注射による豊胸

顔のアンチエイジング用にプチ整形感覚で施術されているヒアルロン酸を注射で入れる方法があります。人体に吸収されるので、サイズを維持したいなら定期的に追加する必要がありますが、とにかくバストサイズだけを変更したい場合におすすめの方法です。脂肪注入は、自分の体にある要らない脂肪を取り出して、バストに注射する方法です。こちらは豊胸もできて、体形の崩れが気になっているところを細くできますし、胸の柔らかさが本物の脂肪を使っているので自然です。

女性の場合、クリトリス包茎であると尿道に近い為、汚れが溜まりやすくなります。長い間そのままでいると汚れが固まり癒着してしまう事があります。