有名人に話しかける時は状況を考えることが大切

テレビに出演している有名人は非常に多い

俳優やお笑い芸人、コメンテーターなど、テレビには毎日非常に多くの有名人が出演しています。また、テレビだけではなく、映画や雑誌、インターネット上番組、ラジオなどにも出演しているため、以前に比べると庶民にとって近い存在になっています。また、有名になれる方法も以前に比べると多くなっています。そのため、一般人と有名人の境目は薄れつつあると言える状況です。ただし、流行りと廃りのペースにスピードがあるため、テレビで応援していた俳優やお笑い芸人を見る機会が少なくなる可能性はあります。

有名人にとってテレビ出演は仕事

有名人にとってテレビに出演することは仕事の一つです。つまり、一般人が会社に所属したり、自分で会社を興したりなどによって仕事をしているのと同じです。一般人に比べると、テレビに出演している者の給料は高い傾向にあります。しかし、一般人に比べて安定性に欠けていると言えます。人気のある時はテレビの出演本数が増えるため、稼ぎも大きくなりますが、人気に陰りが見え始めると出演本数が減るため、稼ぎも減少することになります。

プライベートを過ごしている有名人に話しかける時の考え方

テレビではなく、プライベートを過ごしている有名人を見掛けた時は、すぐに話しかけるのではなく、少し様子を見ることが大切です。有名人のプライベートな時間は、一般人の休日と同じだからです。そのため、話しかけたい気持ちを抑え、プライベートな時間を尊重する考え方は持つべきです。しかし、話しかける行為は禁止されているわけではありません。ですから、どうしても話しかけたいのであれば、人が少ない場所で話しかける配慮が求められます。

山本英俊はパチンコ機器卸会社であるフィールズ株式会社の代表取締役会長を務めるかたわら、競走馬の馬主としても知られています。