?手術は必要?包茎の治療を受ける必要性の有無とは

包茎の種類と特徴とは?

包茎には、「仮性包茎」「カントン包茎」「真性包茎」の3種類がある事を知っている方は多いですよね。仮性包茎は、普段の生活や性行為の際でも問題はなく、多くの方が放置しているといった事が特徴となっています。カントン包茎は、包皮口が極端に狭く、無理に亀頭を露出させると元の状態に戻す事が出来ない状態の事を指します。真性包茎は、平常時・勃起時のどちらでも亀頭を露出させる事が不可能で勃起時には痛みを感じるといったタイプによって異なる特徴が包茎にはあるんですよ。

包茎を放置するデメリットとは?

包茎の方の多くが治療をする事なく放置をしています。確かに、診察や治療を受ける事は恥ずかしいですよね。しかし、包茎は亀頭が皮に覆われている事で通気性が悪く細菌が増殖しやすい環境となっている事で悪臭や恥垢が溜まりやすいといったデメリットがあります。カントン包茎や真性包茎の場合、亀頭を露出する事が困難な為に炎症を起こしたり性病の感染率が高くなったりもします。刺激に弱く性行為の際に早漏となってしまい自分だけではなく、相手の方を満足させる事が出来ない場合もある事から治療をする事が推奨されているんですよ。

包茎の手術方法とは?

包茎のタイプを問わず、一般的な治療方法として手術が用いられます。余っている皮を切除する事で亀頭を露出させ、正常の状態に戻す事が目的となっています。現在では、亀頭直下縫合手術といった、手術痕が目立ちにくい手術方法が主流となっている事や手術箇所がツートンカラー等の不自然な仕上がりにならない治療方法もある事で包茎手術を利用した事を周りの方に知られる心配はないんですよ。包茎は放置するメリットがない事から早期の治療をする事が良いと言えるでしょう。

包茎とは、ペニスが周りの皮に包まれて、隠れている状態の事を指します。自力で皮をめくることが出来ない場合、雑菌がたまり不衛生なので、手術が必要となります。